ナビゲーションシステム

ナヴィゲーションシステムの導入

-より多くの患者さんにMISを-

MIS の傷は小さいため手術する医師の目からはいってくる情報量が少ないので、正確に人工股関節を設置できないことが不安材料になっていました(これは MIS に熟達した医師であればクリアできる問題ですが)。股関節の変形が強いと、通常の人工股関節手術(置換術)でも位置の把握がかなり困難となりますので、ナビゲーションシステムによる手術支援により多くの患者さんにMIS を行うことが可能になります。より多くの患者さんに侵襲の少ない MIS を行いたいというわたくしの願いがあり、2004 年 8 月にナビゲーションシステムを導入いたしました。

ナビゲーションシステムは自動車に搭載されているカーナビを連想していただくとわかりやすいと思います。股関節(目的地)に対してコンピューターが正確に安全に誘導してくれるシステムです。まず手術前に CT 検査を行います。 CT 検査結果をもとに使用する人工股関節の最適のサイズと位置をコンピューターが自動的に計算します(手術後下肢が何 mm 伸びるかもわかります)。その計算結果をもとに、わたくしが確認修正したものをデータとして用います(写真 1 )。


写真1:手術前のコンピューター画面
このデータを手術室に設置されているビデオカメラ付きコンピューターに読み込ませます。ビデオカメラ(カーナビにおける衛星にあたります)によって骨を削る位置と深さや、挿入中の人工股関節の位置を追跡します(写真 2 )。


写真2:手術中のコンピューター画面
わたくしはコンピューターの画面をみて、自分が股関節のどの部位を処置しているかを確認しながら手術を行います(写真 3 )。


写真3:ナビゲーションシステム使用中の手術

現在ほとんどの手術でナビゲーションシステムをわたくしは使用しています。

上へ戻る
TOPページへ

  • プロフィール手術実績
  • 手術実績
  • 人工股関節MIS
  • ナビゲーションシステム
  • よくあるご質問
  • 関連記事について
  • 股関節の運動療法
  • 患者様の声患者様へのご質問
  • 石部基実クリニック